ノート修理、最終ターン

 先週からやっていたノート(ThinkPad) T42の修理が終わりました。
 火曜日にIBMの部品センターに発注したパーツは、翌々日の本日宅急便で到着。さっそくPCにとりつけることにしました。

発注したCPUファン

 部品はこのようなもので、品名は「FAN LONG」。価格は送料・税込み4273円。思ったより安いです。
 PCを開けますので、まずは裏返してねじを外します。

ノートパソコンの裏面

 丸のところのねじだけを外します。赤、緑、黄色とねじの種類が違います。どの穴に二度のねじを使うかも書かれていますので困るようなことはありません。

キーボード外し


 まずはキーボードを外します。ねじを外していると、少し上方向にずらすと簡単に外れます。(キーボードは図の黄色いねじだけで外れますが、ファンははキーボードだけ外しても交換できません)

枠を外します

 次に、パームレストと周りの枠の部分を外します。ちょっと引っかかるところがありますが、それほど力を入れずに外れました。
 今回交換するファンもこの段階で外すことができます。ファンを固定している3つのバネ付きねじを外して注意深く持ち上げると外れます。

CPUとVGA

 CPUとVGAが現れます。実はCPUには、秋葉原で購入したスペーサーと、熱伝導をよくするシート(銀色の丸いシール)を貼り付けており、この画像ではCPUは見えません。CPUとVGAには、これも秋葉で購入してきた高性能の熱伝導グリスを薄く塗布しました。(写真は塗布した状態です)

ファン装着

 しっかりとファンを取り付け、ねじを締めます。
 CPUとVGAのあるところには、ヒートパイプが伸び熱の交換を促しています。空気の循環は図のようにファンの上側に吸気口があり、下側に排気される仕組みになっています。

 こあとは、開けた手順と逆順にパーツを取り付け、ねじを締めて完了です。
 ファン交換後は、いままで高負荷で落ちていたソフトウェアなども問題なく動作しています。なかなか勉強になった1週間でした。

 IBMは、こういった交換部品を注文すれば、個人ユーザーでもすぐに送ってくれるところはありがたいですね。
 デスクトップはそれほどでもありませんが、ノートPCはずっとThinkPadユーザーです。独特なトラックポイント、PCそのものの作りの良さ、飾りのない渋めなビジネス向け仕様、などなど非常に好みなメーカーです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • flyforlove

    すみませんが、IBMの部品はどうやって注文しますか?IBMのウェブで見つけません。
    教えていただけませんか?
    2007年08月20日 21:29
  • まいさん

    IBMの部品の注文は、以下で注文しました。

    日本アイ・ビー・エム株式会社
    部品販売
    03-5445-0365

    機種などによって必ず受け付けるかどうかは判りません。
    また、部品の正確な部品番号を知っておかないと注文できないと思います。
    (うちが注文したものでは、部品番号41W5204)

    部品番号は、IBMのサイトなどで調べておいて下さい。
    (部品情報・保守マニュアル・などで検索すると出てくるかもしれません)
    2007年08月20日 21:30